キッチン用品レビュー

簡易燻製も蒸し料理もできる!万能土鍋アデリア万古焼レビュー

こんにちは、ロマン派きまぐれ素人料理人のJIN(@scratchhcooking)です。

僕の使っているキッチン用品のレビューです。

今回のレビューは

「燻製ができる鍋アデリア万古焼土鍋」

  • 購入理由
  • 使用用途
  • 使い心地・性能
  • メリット・デメリット
  • 使用して作った料理

を中心に実際に使ったからこそ分かるレビューをしていきたいと思います!

スポンサーリンク

アデリア万古焼土鍋を買った理由

僕がこの「アデリア万古焼土鍋」を購入した大きな理由が

「燻製ができる」

という事でした。

土鍋としても普通に使える、サイズに合った網やドームが付いているので燻製もできる、蒸しもできる。

ここが大きな魅力でした。

特に現在賃貸で庭がある訳でも無いので、自宅で大掛かりな燻製をすることができないので、ガス火を使って簡易的ながらも燻製ができる、その一点が僕にとって一番の魅力でした。

ガス火を使う燻製器など他にもありましたが、土鍋として使えるという点、ドームが透明で中が見える、と言った付加価値を考慮して結局こちらを購入しました。

使用用途

スポンサーリンク

基本的には簡易的に燻製をしたい、という時に使っていくつもりです。

製品にはレシピブックも付いてきており

  • 燻製レシピ
  • 土鍋レシピ
  • 蒸しレシピ

などが多数紹介されています。

使い心地・性能

コンパクトなサイズで場所を取らないので、非常に収納力が高いです。

鍋自体は普通の焼き物の土鍋と考えていただいて大丈夫でしょう、網とドームはしっかりフィットしますので、燻製中煙が漏れて部屋中の匂いが…という事もほとんど無いのも良いところです。

こちらが内容物

  • 土鍋
  • ドーム
  • 燻製用のウッドチップ(サクラ)
  • レシピブック

これまで燻製にはほとんど触れてこなかった僕でも簡単にできました、レシピブックとお試し用のウッドチップも付いてくるので、最初はレシピブックを見ながらお試しのものを使って燻製できるのも初心者にとってありがたいです。

メリットとデメリット

アデリア万古焼土鍋のメリット

値段が安い

買う場所にもよりますが、深さ5㎝のものが税込み5400円、深さ7㎝のものが税込み5800円でした(僕は7㎝のものを購入しました)

大きさが小さめなので場所を取らない

鍋の最大径が22.3㎝と非常にコンパクトでありながら小さすぎないのも良いところ。

二人分のご飯であればこの土鍋で炊けます。

土鍋、蒸し、燻製と3つの用途を満たす万能性

燻製だけでもありがたいのですが、土鍋としてスープ類、蒸し器としてシューマイだったりを作れる万能性が素晴らしい。

とにかく便利です!

グラスドームで中を常に確認できる

燻製中常に中を確認できるのは個人的に便利だな、と思いました。

もくもく煙が循環してるのを見ると結構面白いです。

電子レンジオッケー

電子レンジオッケーなのもありがたい点ですよね!

日本製で職人が手作りする耐熱陶器

安心の日本製、職人の手作り、もちろん最近は良い海外製の商品も出てきていますが、やっぱり日本製に越したことは無いですよね。

アデリア万古焼土鍋のデメリット

大規模な燻製は出来ない

メリットのところでサイズがコンパクトで良い、と言いましたが、逆を取れば小さくてできない燻製も出てきます。

僕はこの間これでベーコンを作りましたが、小さめのブロックを2つ置くのが限界でしたね。

IH非対応

僕の家はガス火なので問題ありませんが、IHのお家では使用できません。

アデリア万古焼土鍋を使って作った料理

燻製としてベーコンを作りました!

新しい料理を作り次第随時追記していきます。

スポンサーリンク

続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Close
Close