チェコ料理

チェコのじゃがいもお好み焼き!?ブランボラークの作り方

こんにちは、ロマン派きまぐれ素人料理人のJIN(@scratchhcooking)です。

漬物が「日本のピクルス」と言われたり世界には馴染みのない料理を何かと○○の○○といって例えるケースが良くあります。

僕も以前シュニッツェルを作った時は「ドイツのとんかつ」と例えました。

今回紹介する料理は日本では

「チェコのお好み焼き」

と例えられ、英語では

「チェコのパンケーキ」

と例えられるブランボラーク(Bramboracky)です。

何となく気になってチェコ語や英語のレシピを漁りながら「本当にお好み焼き」なのだろうかと作ってみました。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

材料(1~2人前)

  • じゃがいも:2個
  • 卵:1個
  • にんにく:2片
  • オレガノ:小さじ1(本当はマジョラムというオレガノの仲間のハーブ)
  • 塩コショウ:適量
  • 牛乳:小さじ1
  • 小麦粉:大さじ2
  • 油:適量

調理工程(所要時間15分)

スポンサーリンク

1.じゃがいもの皮を剥きます

2.じゃがいもをすり下ろします

3.こして水を取り除いてボウルに入れます

4.にんにくのすりおろし、小麦粉、卵、牛乳、オレガノ、塩コショウを全て加えます

5.混ぜます

6.ホットケーキを作る要領でフライパンに油をひいて片面ずつ焼いていきます

7.頃合いを見てひっくり返します(あれ?見た目ほぼホットケーキ?)

8.終わったらキッチンペーパーの上で油を拭きます

9.完成です

今回の注意点/反省点

正直このパンケーキ単体だと非常に寂しいものになってしまいます。

チェコでもシチューのお供としてであったり、グーラッシュと一緒に食べる場合も多いようです。

食べてみた感想

そんな事知る由もなかった僕は冷蔵庫にあったベーコンを焼いて一緒に食べましたが、ベーコンと一緒に食べてちょうどいいくらいかな、という感じでした。

今度作る時は以前このサイトでも紹介した「ビーフグーラッシュ」と一緒に食べてみようかなと思っています。

シチュー的な何かの付け合わせとしておすすめします。

スポンサーリンク

続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Close
Close