ドイツ料理豚肉料理

ドイツのとんかつ!?超簡単シュニッツェルの作り方レシピ

こんにちは、ロマン派きまぐれ素人料理人のJIN(@scratchhcooking)です。

みんな大好きとんかつ!

僕も世界の中でとんかつって好きな食べ物にトップ5くらいには入るかもしれないくらい大好きな料理です。

実はそんなとんかつにとっても似た料理がドイツ(及びオーストリア)に存在しています。

その名もシュニッツェル(Schnitzel)です。

僕も実際そんなシュニッツェルとポークナックルと英語では呼ばれるSchweinshaxeを食べにイギリスからドイツへ1日だけ行ったことがあります。

今回はそんなドイツ版とんかつであるシュニッツェルのレシピを海外レシピと実際に僕がドイツで食べたものを思い出しつつ組み合わせたレシピを紹介します!

スポンサーリンク

材料(2人分)

  • とんかつ用豚肉ロース:2枚
  • 卵:1個
  • レモン:1個
  • パン粉(きめが細かい小さいパン粉を推奨):50g
  • 薄力粉:100g
  • 塩胡椒:少々
  • 揚げ油:適量

調理工程(所要時間30分)

1.豚肉をサランラップでくるみます

2.麺棒なんかで結構強めに何回も全体的に叩いて平らにしていきます

3.写真では分かりにくいですが薄くなっています(もっと薄くても良かったかも!)1㎝くらいの厚さを目指すといいと思います!厚いまま揚げてしまうとそれはもはや完全にとんかつです(笑)

4.いい薄さまで平らにできたら両面に塩胡椒を少々かけて擦り込んでいきます

5.とんかつ作る時と同じ要領でワーキングステーションを作っていきます、小麦粉とパン粉は平らなお皿を使った方がやりやすいです!

6.こっからはほとんどとんかつと一緒、まず小麦粉にまぶして次に卵に入れて

7.最後にパン粉をまぶして全体的に覆えば準備オッケー

8.フライパン底から2㎝程の深さになるように油を入れて約165℃の熱さで片面ずつきれいな黄金色になるまで揚げていきます

英語で言うShallow frying(油を少なめで揚げる方法)です、ちなみにたっぷりの油でしっかり揚げる揚げ方はDeep frying(ディープフライング)と言います。

9.盛り付けにレモンのスライスとパセリなんかを乗せて、お好みのサイドディッシュと共にいただきましょう!

今回のサイドディッシュはドイツ風ポテトサラダです。

今回の注意点/反省点

スポンサーリンク

文中でも言及しましたがもうちょっと叩いて平らにする工程で薄くしても良かったかな、というのが反省点です。

あ、あともう一つ、もっと脂肪の少ないとんかつ用の豚肉のが美味しくできると思います、今回夜遅くにスーパーで調達したので売り切れてしまっていたので一番近いような豚肉を買ったのですが、もっとサッパリしたさしの無いようなとんかつ用のが美味しくできそうです。

注意点としては見ていただいて分かるようにほとんどとんかつと作り方が一緒です、なので白米とみそ汁と一緒に作ってしまうと完全にとんかつになってしまいます(笑)

付け合わせは洋風のものをおすすめします。

食べてみた感想

とんかつとほぼ一緒と言いましたが、なぜか味の感じ方が違うような気がしたんです。

というのも付け合わせのサイドとしてドイツ風ポテトサラダを添えたのですが、サイドのチョイスで感じ方も変わってくるのかな、と思いました。

なので先ほども言いましたが付け合わせは白米とかではなく洋風のものが良いですね。

ちなみにドイツ国内で普通で出てくるサイドディッシュは僕が作ったようなドイツ風ポテトサラダ、もしくはフライドポテトだそうです。

実際に僕がドイツで食べた時の付け合わせはフライドポテトでした。

 

とんかつ好きの方はぜひ作ってみてください!

スポンサーリンク

続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Close
Close