イタリア料理

パスタ・ピザ用などに使える一味違う超万能トマトソースの作り方

こんにちは、ロマン派きまぐれ素人料理人のJIN(@scratchhcooking)です。

基本的に作る料理はイタリアン料理が多いので、僕にとってトマトソースは常に常備しておきたいものです。

市販のものでも良いかもしれませんが僕はやっぱりロマンを求めて1から作ってみたいなぁと思っちゃうタイプです。

これまでに数々のトマトソースを作ってきましたが今回作ったものが凄く美味しかったのでシェアします!

1から作る、というとなんだか大変そうだなぁと思われる方も居るかもしれませんがとてもシンプルで誰にでもできます!

そしてパスタやピザを始め、多くの異なる料理に使う事ができるので、例えば週末に作り置きしておいて平日に時短で美味しい料理をトマトソースを使って作る!なんてことも出来ます!

それでは紹介していきます!

材料(約パスタ5回分くらい)

  • トマト缶:2缶(イタリア産の細長いホールトマト推奨)
  • アンチョビ:1缶
  • オレガノ:適量(生、ドライ両方可)
  • 唐辛子:1本(辛いの苦手な方は無しでもオッケー)
  • にんにく:1~2片
  • 塩:小さじ2杯
  • 砂糖:小さじ1杯
  • 胡椒:適量少々
  • オリーブオイル:適量

調理工程(所要時間40分うち30分間放置)

1.にんにく、オレガノ、唐辛子を細かくみじん切りにします

2.オリーブオイルを適量フライパンに垂らし、アンチョビを弱火と中火の間くらいで火にかけます(僕はもこみちさん並みにオリーブオイルを入れてしまいましたがここはお好みで調整してください)

3.アンチョビがくつくつ来たらにんにくを投入し、1分間くらい炒めます

4.1分炒めたらオレガノと唐辛子を投入して、火力を最弱に下げ2,3分このまま最弱火で炒め続けます、ガーリックは絶対焦がさないようにしてください!やっぱり食材の白、赤、緑のイタリアカラーは本当に美しいですね!この辺から凄い良い匂いがしてきますよ!

5.炒め物を待っている間にトマト缶のトマトをボウルに移し替えます

6.ホールトマト缶の場合、ごつごつしたトマトがそのまま入っているのでしっかりときれいな手で、ペースト状に近づくまで握り潰していきます

7.潰したペースト状のトマトをにんにくなどが入ったフライパンに投入して混ぜ、再び火力を弱火と中火の間に戻します、同時に塩、砂糖、胡椒をここで加えます(砂糖はめっちゃくちゃ大事です!)

8.火力を変えずにぐつぐつ煮込む事30分(放置で良いです、トマトが飛び散る可能性があるので8割方蓋で閉めた方がいいかもしれません)、シャビシャビだったソースが凝縮されました

9.こんな感じのしっかりした瓶に入れて冷蔵庫で保管するといいかと思います!

このソースを少し使ったトマトパスタはこんな感じになりました。

常備しておくと忙しいときに速攻でトマトパスタが作れてしまいます!

とってもオススメなのでぜひお試しください!

スポンサーリンク

続きを読む

関連レシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Close
Close